理学療法士について

理学療法士の仕事

理学療法士と聞いて、仕事内容を正確に答えられるという方は多くないかもしれません。理学療法士の主な目的は、人間が持っている身体的な機能を回復させ、それをサポートすることにあります。具体的には、病気や事故により体に障害を抱えてしまった方はもちろんのこと、高年齢化による身体機能低下の人口は確実に増えてきており、この理学療法士という専門的なスタッフの人材が不足しつつあります。ただし、理学療法士は、あくまでも身体機能を回復させるためのサポートを行う仕事になりますので、現実的にはその患者の専門医の指示があった上で、リハビリテーションを行わなければいけません。

理学療法士は人間の体がどういう風に構造されていて、またその一人一人違う構造の体に最も適しているリハビリテーションを計画するプロフェッショナルです。運動を行いながら治療する運動療法はもちろんのこと、電気などを使用した物理療法なども併用し、その患者が最も早くまた無理なく回復できるようにさせる仕事が理学療法士なのです。また理学療法士は国家資格として認定されていますので、その資格を取得するのも決して簡単ではありません。国家試験に通過した人だけが就ける非常に難しい職業であると言えるでしょう。