理学療法士について

理学療法士の勤務先

理学療法士が務める主な勤務先は主に病院施設になります。病院と言っても、入院施設やリハビリ施設を備えている総合病院となり、一部の病院では整形外科などでも理学療法士という人間は非常に重宝される人材となります。またこの他にもリハビリテーションセンターや老人ホーム、障害者施設といった場所も主な勤務先となっており、少数ではありますが、スポーツジムやフィットネス施設などでアスリートのリハビリを担当する理学療法士も存在していますので、理学療法士の活躍は多岐に渡っています。

理学療法士は日常生活に支障をきたす方をリハビリすることで回復させるというのが主な目的です。しかし、いくら理学療法士であってもその患者と1対1で治療を行うことは難しく、病院に勤めている場合などは医師や看護師との連携も必要になってくる場面が非常に多いのです。例えば、理学療法士はリハビリ以外の部分ではその患者と接することが基本的にはない為、普段から接することが多い看護師に歩く際の一番適している支え方などを伝えることで、次にリハビリをする際に何もしない場合よりも大きく回復具合が変わってくることも多くあるのです。

理学療法士という仕事は、知識や経験にくわえ、如何に他の医療従事者と綿密にコミュニケーションをとれるかという部分も重要になってきます。患者が1日でも今よりも良い状態になるために、最善のリハビリを考えなければいけないというのがこのお仕事ですから、患者や医師、看護師との意識の共有も欠かせない要素の一つだと言えます。